チベットの民話(3)

チベット専門ゼミの授業成果として、今回もBlo bzang ‘jam dpal & Tshe ring sgrol ma (eds.), A khu ston pa. Grong khyer lha sa’i phyogs sgrig khag gsum rtsom sgrig pu’u, Grong khyer lha sa’i mang tshogs sgyu rtsal khang, 2001. 所収の笑い話を紹介します。

アク・トンバの「クソ喰らえ」

昔々、アク・トンバがラサからツェル・デチェン地方から帰るとき、何人かの旅人と会いました。彼ら旅人が道を行くとき、アク・トンバは喧嘩を売り、旅人達に「クソ喰らえ」と言いました。旅人達は耐えられず、すぐにアク・トンバを捕まえて、デチェン県庁に報告しました。すると、県庁はアク・トンバに「クソ喰らえ」と言った理由が何であるのか尋問し、アクは次のように正直に話を申し上げました。「彼らと私にいさかいは何もありませんでした。私から理由もなしに彼らに『クソ喰らえ』と言いました。デチェン県庁のどんなご処分もお受けします」と。県庁は旅人達が集まっている場所で「そんなにたいしたことではないが、アク・トンバは分をわきまえず理由もなく、旅人達に『クソ喰らえ』と言った罪により、アク・トンバは便所の下に立つべし。お前たち旅人はアク・トンバの頭の上に大便をすべし」という罰を下し、アクはそれを受け入れ、旅人達に「あなた達は、私の頭に大便をして下さい。県庁の判決に従います。しかし、判決には大便をすること以外、小便をしても良い、とはありせん。小便を一滴でもすれば、私の手に掴んだこの槍であなた達のお尻を確実に突き刺します」と言うので、彼らみんな小便をしてしまうのではないかと恐れ、大便することができませんでした。(澤井志保美訳)

(三宅 伸一郎)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中