「ダンサーにできることは踊ることだ」―平山素子によるダンスのショウイング(京都芸術センターにて)を観て―

遅くなってしまいましたが、18日に卒業された皆さま、ご卒業おめでとうございます。
これは、4年間授業に出席し、レポートを書いたり、発表したり、試験を受けたりして所定の内容を修めて卒業できた皆さんの努力の成果に対する言葉です。
 
先日ネットを見ていたら、やはりというか「不謹慎という地雷」という言葉を用いた記事が目にとまった。現在も続いている地震の惨事に鑑みてコンサートや舞台などいわゆる観客の集まる活動に対してだけでなく、外食も自粛するなど、日本全体が飲み込まれているある雰囲気を批判したものだそうで、それを読んだ人からは、批判も多く寄せられたそうである。
 
日本で起きているからということでなく、他の人間に起きている悲惨に対し、悲痛な想いを寄せ心配し、募金を初めとする自分にできることを行うということと、生きている活動のひとつとしての楽しみを味わうこととは両立してはいけないのだろうか?

ずっと昔新聞に、「この非常時に」という言葉が戦争中に飛び交い、日本国民全体が思考停止に陥った歴史を語る文章が書かれていたことを思い出した。今回の惨事に対しても「思考停止」に陥らず自分の頭で考え続けるにはどうすればよいのだろう?

そう思いながらもテレビで連日繰り返される被災地の光景と命懸けで福島の原発に放水している自衛隊員と消防隊員やその近くで必死の活動を続けている東電の社員のことを見聞きすると、遠く離れたところで何もしない自分が何かうしろめたいような気になるのも事実であった。そんな心理では時間があっても映画や舞台を観に行く気にはなりにくい。

しかし考えればやはりおかしいと思い、連日地震報道が続くさなか、よろめくような気持ちのまま、3つのダンスを観た。3月17日に平山素子がダンサー育成の為のワークショップの成果を披露するという趣旨で行われた「ムーブメントリサーチワークショップ ショウイング」には本当に驚いた。

平山自らが、ダンサーに音に関係した動詞を選び、それを身体で表すという指示から初めてダンスを創っていったと説明するダンスは彼女を含め19人のメンバーが交代で、あるいは集団で踊るものだった。ダンサーが全員女性になったのは偶然だということだが、ダンスを観ていてすぐ頭に浮かんだのは「女性性féminité」という言葉だ。

指の先から腕を経て頭までの動きと連動する脚の動きが、ひと言で言うと、連続する「曲線的」な動きを形成していた。「こする」「引く」「たたく」…という風に各自異なった動詞に基づく踊りは、ソロで踊る瞬間だけでなく、数人で、あるいは集団で踊る瞬間にも、個々の動きが互いにからみあって素晴らしい調和を生み出していた。純文学との類推から「純ダンス」という言葉が浮かぶほど、彼女らのダンスを観ているとダンスというもの、身体による時間と空間の分節化がどのように行われ、観ている者に心地よい印象を与えるかが露わになっていた。

すでにこのブログでも書いたかもしれないが、表現しようと意図してある部分を動かす時には身体の他の部分と差異化しなければならない。したがって、静止した部分があることで、たとえ指一本でも動かしている部分が表現となる。時間的にもある瞬間の動きはそれに先行する動きとの差異化によって初めて表現となる。反復が意味を持つのは同じ動作が繰り返されてもそれによって前の動作と差異が際立つときである。

彼女たちの「曲線的」な動きは、会場でダンスに合わせて演奏するWillam Catanzaroの音楽と驚くほど調和していた。

他のダンスの公演でもそうだったが、始まる前の劇場の係の挨拶は異様な雰囲気だった。「…地震で大変ななか…」という言葉が悲痛な表情とともに発せられた。アフタートークはどんな感じになるのだろうと思っていたら、平山素子が言った。「…自分はダンサーであり、自分にできることは踊ることなのだと思いました…」(記憶で書いています)隊員や消防士や医師が自分の役割をまっとうしていることがたたえられるように、ダンサーがある瞬間に自らの生を必死にまっとうすることがたたえられない訳がないであろう。

情報の洪水とともに、常に「思考停止」に陥る危険性にもさらされている今、少なくても自分の頭で考え、自分の身体で感じることを大切にしたい。
(2011年3月21日。番場 寛)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中