「わたし大好き」だなんて!(国立国際美術館、「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展)

草間の作品は美術館で何度か観たことがある。何年か前に京都だったと思うが、大きな展覧会を観たし、彼女のドキュメンタリー映画も観た。そのタイトルは「わたし大好き」というもので、制作中にも「ねえこれ見て。きれいでしょう? わたしってどうして天才なのかしら?」(記憶で書いています)というような人前でも臆面もなく自画自賛を言う姿に驚いたものだった。

今回の展示会のタイトル「永遠の永遠の永遠」は草間自身の詩のタイトルから採られたもので、「愛はとこしえ」という詩と同名の絵画作品と同じように、「永遠」ということを強く意識した作品群になっている。この「永遠の永遠の永遠」というタイトル自体にも草間の芸術の本質が現れている。それは「反復による増殖」である。「反復」を空間的に執拗なまでに繰り返せば「増殖」になるのだが、単にそれだったら一瞬は綺麗に見えてもやがて退屈に思われかねない。しかし彼女の作品は「退屈」とはほど遠く圧倒されるのは、その「反復」がいくつかの次元でなされたものが組み合わされていることと、展示会で部屋ごとに巨大な作品が並置されることで互いの絵が呼応することからくる驚きが生まれるからだと思う。それぞれの絵は似ているモチーフで描かれているようでいてお互いにどれも異なっている。「反復」が「差異」を生み出している例を彼女の作品にも見ることができる。

それほど現代美術を見ていない人でも草間というと「水玉模様」や最近では反復される点と線で描かれた「かぼちゃ」の絵やソフト彫刻の印象が心のどこかに残っている人は多いと思う。そうしたアバンギャルド芸術のはずなのにいつの間にか見慣れた作品のように感じられてもいたのだが、今回の展覧会ではさすがに圧倒された。

(撮影を許可された「チューリップに愛をこめて、永遠に祈る」という作品)

まず「愛はとこしえ」と題された作品群は、かすかな記憶として残る、昔見たような微生物の顕微鏡写真のように精巧な線と女性の横顔を初めとする曲線で囲まれた小さな図形が幾つも埋め尽くしている絵は見事で、今までの草間の作品とは異なった印象を与えた。こうやって言葉で書いていることがいかに空しいかを思い知らされている。

不思議なのは「愛はとこしえ」「わが永遠の魂」「幸福の彫刻たち」と作品群につけられたタイトルだけを見ても分かるが、造形作品と一緒に展示されている詩はまるで思春期の文学少女が書いたかのような生の言葉が羅列されたもので、普通の才能に思えてくるのにどうしてこんな圧倒的な作品群を生み出せるのか本当に不思議だ。

テレビでミス・ユニバースのコンテストの様子が流れたが、彼女たちのあの自分の身体を誇らしげに見せながら歩くさまを見ていると、ナルシストがむき出しになっているようで、複雑な気持ちになるのだが、草間の「わたし大好き」という記録映画の中でも、自画自賛の言葉を発するのは普通だったら聞いてたえられない筈なのにそれが不快にならないのはなぜなのだろう?

一つ一つの絵画作品は大きく緻密な線と形が増殖されていることに驚くのだが、こうやって一堂に並べられるとこれらが「統合失調症」に苦しみながら制作された作品だということを何か特別な奇跡のように思ってしまう。ひとりの人間の内面が、まるで内臓のように裏返り、拡充されて世界にそのまま広がってしまったかのような印象を持った。

図録に、建畠哲氏が「みんなのアヴァンギャルド」という文を寄せているが、秀逸のタイトルだと思う。普通アヴァンギャルドというのは一部の人にしか理解されないといった印象が強いのだが、彼女の作品はまず観たひとのすべてが「まあ、綺麗」と思い、それからこれらはどうして描かれたのだろうと思わせるからだ。

どうしてこのような作品が次々と生まれるのだろうかは謎なのに彼女の作品につけられたタイトルはあまりに親近感を持たせる具体性に満ちている。たとえば黄色の地に黒の曲線の図が描かれその黒にいくつか赤の図形が描かれている抽象的な絵に「失恋の痛み、そして自殺したい」などと具体的な心情を示すタイトルがつけられているのを目にすると思わず微笑んでしまう。

J.ラカンが「人間の欲望は他者の欲望である」と言っているが、その「他者の欲望」の最大のものは「他者」からの承認だと思う。金や権力や名誉を得たいのもそこに起因しているのだと思う。日常あまりにそれを意識しているわれわれはこんなにあからさまに「わたし大好き」と示されると最初当惑するが、やがてそう叫んでもいいのだということに思い知らされ何か少し解放された気になる。(2012年4月5日。番場 寛)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中