文化環境コース開設記念シンポ「文化の眼で周りを見てみよう」

国際文化学科では、2013年度より新たに「文化環境コース」を設置します。自然環境と人との関わりの中で、どのような文化が生み出されてきたのかに焦点を当て、持続可能な社会のありようを考えるのが、このコースの目指す所です。

今回、来る7月15日に、オープンキャンパスの日程に合わせ、下記の要領で新コース開設記念のシンポジウムを開催します。

現地野外調査の経験豊富な3人の講師が、自身の体験をもとに、さまざまな自然環境の中で人は、生きるためにどのような智慧をもってそれと向き合い、どのような文化を生み出しているのかを紹介します。文化に学ぶ新しいまなざしのありかたを、共に考えてみませんか。

  • 日時:7月15日(日)12:20〜14:00
  • 会場:大谷大学響流館3F メディアホール
  • 講師:原田憲一(大谷大学非常勤講師・比較文明学会前副会長、資源人類学)
       鈴木寿志(大谷大学文学部准教授、地球環境学)
       三宅伸一郎(大谷大学文学部准教授、チベット学)
  • 入場無料・来聴歓迎
広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中