花、花、花。なぜ桜は散るのか分かったような気がする。

普段特別花に関心があるわけではない。草花を愛で、詳しい友人からは、身近な草花の名前をあまりにも知らないということで馬鹿にされることが多い。それでも四条駅にある花屋さんの前を通るときには、季節にあまり関係なくいつも綺麗な花が並べられており、時間に余裕のあるときには名前を覚えようとし、時には買って自分の部屋に飾ってみようかとも思うのだがすぐにやめてしまう。それは美しい花が時間が経つとしおれ、醜くなり捨ててしまわなくなることまで想像してしまうせいだ。

それがこの9日から14日にかけて花づくしというくらい花、特に桜を見る機会に恵まれた。9日は京都国立国際会館で翌10日から始まる「京都国際ラカン精神分析コロキアム」の前日の非公開のセミナーがありそこに参加したのだが、授業が終わってそこに行くまでに時間があり、始めて府立植物園に行ったのだ。

歩いて行く途中の鴨川の土手に植えられた桜が見事で、特にしだれ桜は満開であった。植物園はそれ以上に様々な桜が咲き乱れていたが、何枚も写真を撮っているうちにあることに気づいた。

次第に感覚が鈍ったのか、美しいという驚きが弱まり、そこに集うカメラを向ける人びとのさまざまな外国語に耳を傾けるようになった。ありきたりの言葉で言えば桜に「飽きた」のだろう。

園内は本当に広く、自然林となづけられているがよく手入れされた林を抜け北山通り側の出口に向かう途中、チューリップのような黄色の花の群れにカメラを向けている男性が目に入り、自分も向かった。それはチューリップではなく、小さな花の集まったものであった。photo2

その後、京都国際会館に行ったのだが、途中に散りかけている桜に混じって、赤い梅の花を大きくしたような花が満開で本当に綺麗だと思ったのだが、散っている桜に比べて不自然な感じがした。

13日の夜に六角堂の庭でライトアップがあると何かで知り、観に行った。しだれ桜はまだ散らないで残っていたし、池の真ん中に植えられた桜はどういう訳かまだ散らないでいた。その周りで白い大きな鳥が泳いでおり、どう見ても白鳥だがまさか、と思ったら、本当に白鳥で、紫から白まで光りの強さと色を変えたライトを当てられて浮かび上がる桜と白鳥は、丁度昔観たビスコンティの「ルードゥッヒ」という映画の洞窟で泳ぐ白鳥のように美しいがキッチュでまるで作り物のようだ。池の縁に「白鳥にエサをやらないで下さい。かみつきます」と書かれていたのでリアルだと思ったくらいである。photo1

花だけでなく、京都という街じたいも、夜になり人工の光を当てられると別世界のように綺麗でそれは真昼の光を当てられたものとは違った美しさだ。

良く14日は、その近くで開かれていた池坊の華道の展示会を観てきた。あまりにも多くの生け花を観たせいだろうか、もう花はいい、とまで思ってしまったが、一体華道とは何だろうかという疑問が湧いてきた。

自然を人間の手によって作り替えようとするのが西洋の美であり、できるだけその自然をそのまま提示しようとするのが日本の美なのだと、まず授業では教えるのだが、問題はその後である。実際は盆栽のように極めて人工的に自然に手を加えて象徴的に「自然らしさ」という美を求めるものこそ日本の美だと思う。

生け花を観ればそれはすぐ分かる。松の枝や草花の蔓の描く曲線は極めて人工的に選ばれた曲線であり、手を加えて曲げたか、自然の中からそれを探しだし、他の部分を切って捨てた結果であろう。

木と草花と苔、さらには他の素材の組み合わせは本当に綺麗でこれは本当に花なのだろうかと忘れそうになるほど別のものに見えてくる。

そんなとき会場でプラスチックの注射器のようなものを生け花の中心に当てている女性がいて何をしているのかと思ったら、水を注入しているのだった。よくみると中に花がしおれかかったものもあり、不思議なことにそれを観てなぜかほっとした。やっぱりこれは本物の花だと思った。

ところで、ラカンと言えば、彼が日本の水中花に触れている箇所が何カ所かあったがどこだったか覚えていない。しかし実際はひからびたものに見えるのに水に入れたとたんに花開く人工物に惹かれたのは分かる気がする。

花はしおれ、散るからこそ、それが芽吹き、つぼみとなり、花開いた時に人は驚嘆し、愛おしいと思うのだという当たり前のことを思い知らされた6日間であった。相変わらず花の名前は覚えていない。(2014年4月15日。番場 寛)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中