本当に疲れた一筆書きの5日間の旅

ゴールデンウィークが終わってもう一週間が経とうとしているのに、疲れがまだ残っている。それは肉体的な疲れと精神的な疲れの両方である。

「京都の暑い夏」というコンテンポラリーダンスのワークショップでは、アビゲイル・イェーガーの、本当にダンスの基本の基本というレッスンを最初の6日間受けた。一日だが、途中でレッスンを受けた後演劇を観るため静岡に行きそこで一泊し翌朝早く京都に戻りレッスンを受けるという忙しさだった。

踊るためのエネルギーは、心から起こりそれを喚起するのは「言葉」だという確信は揺るがなかったが、その言葉から生まれた身体のイメージを具体的な動き、振り付けに変換していく方法の基本を学んだと思う。

床と接している足と身体の軸と手脚の関節を連動させ動きを伝える。重力と床に加えられる力の作用・反作用の力学を意識することで動きを創っていけるのだということを学んだ。(分かったからと言って出来たわけではない)。

5月3日からレッスンを休んだのは、その日に再び静岡に行き、フランスのジゼル・ヴィエンヌの振り付け・演出した二つの作品を観るためと、田舎に帰り、母と会うためと、実家のいろいろなことを行うためであった。

『マネキンに恋して』という作品は、ロレーヌ国立バレー団のダンサーがマネキンに扮し、それに一人の人間の男が翻弄されるという設定のダンス作品で、人形に対する深い考察を演劇的に表現したものを予想していたがそれは裏切られた。(youtubeで一部を観ることができます)。

次の『ジャーク』はパンダや男の子の可愛い人形を使った人形劇から始まったが、思い出すこともおぞましい少年による殺人事件が、一人芝居なのに強烈印象づけられた。

その後、東京に向かったのだが、到着の時間が遅くなり友人にも会えず、演劇も観ることもできず、一人でお茶の水で居酒屋に入り、他人が見たら寂しく見えるだろうなあと思いながらそれなりに楽しく飲んだ。

翌日はお茶の水の神田駿河台界隈を散歩した。前日聞いた「わあ、東京ってゴールデンウィークは人がいないんだあ」という女の子の言葉が蘇った。青空の下、本当に人が殆どいないのはこれが東京かと思うほど快適であった。昔通った大学の跡や会話学校のアテネフランセが懐かしくてたまらなくなった。

翌日は六本木のサントリー美術館で「のぞいてびっくり江戸絵画」展を観た。遠近法や望遠鏡や鏡を使って得た視覚の変化を絵画に活かした手法が面白かった。美術館が入っているビルの近くでは子どもと家族連れの集会があり、朝見たお茶の水の風景とまったく異なっていた。

その後上越新幹線で田舎に帰ったのだが、新緑は美しいのだが、自分の土地の雑草に苦しめられることになる。昨年まで除草をしてくれていた叔父さんが高齢で辛いので初めて自分でやろうと思い、水に溶かした除草剤を散布するための器具を背中にしょったのだが、とても重く、わずか一時間ほどの作業なのにへとへとになってしまった。

翌日は家の周りの細い木をノコギリで切ったのだが、それも腕が張ってしまった。母親を初め何人かの人たちと久しぶりに話したのだが、まるで別世界のような時間が流れていると思った。

翌日今度は日本海側を周り、富山、石川、福井の3県を通り京都に戻ってきた。この一筆書きの旅行はわずか5日間だったのに、自分にとっては広い世界、遠くを旅したような感じがした。

車窓から見える山間や海沿いに点在する家々を見る度に思ったのは、ここに住む人たちはどうやって生活の糧を得ているのだろう、スーパーなんてないようだが、どうやって買い物をするのだろうということである。

それはダンスのワークショップに集まる若者たちがどうやって収入を得ているのだろうと思うのとは似ていても異なった疑問である。

自分には、働く場所を除けば、自分には劇場と映画館と図書館(本屋)さえあればいいと思ってそれらがすべて歩いて行ける範囲にある所に住んでいる。この一筆書きの5日間の旅行による、列車の車窓からの眺めは、普段の自分がいかに狭い特殊な世界で生きていたのかということを思い出させてくれた。これこそ魂のリハビリテーションなのかもしれない。

あなたはどんなゴールデン・ウィークを過ごしましたか?(2014年5月12日。番場 寛)

広告

本当に疲れた一筆書きの5日間の旅」への1件のフィードバック

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中