フランス映画は健在だ-フランス映画祭を観て-

もうフランス映画に期待できるのはそれほどないのでは、と思い始めていた時に、久しぶりに時間ができたので、京都でも開催された「フランス映画祭」に通ったが、あまり期待はしていなかった。その理由は、この映画祭でも上映された「美しい人」のように恋愛のもつれ、激しいがゆえに燃えつきるのも速い、情熱の不確かさともろさをこれでもかと見せつけるような映画にうんざりしていたのかもしれない。ただ「美しい人」では原題がLa Belle Personneとなっており、最初La Belleではない理由が分からなかったが、主人公はフィリップ・ガレルの息子が演ずる高校のイタリア語教師であり、もう観ていて嫌になるくらいの美貌であり、映画の中でも同僚の教師と女子学生と二股の関係を続けているのだが、本人はもう飽きたか覚めている。

そこに転校してきた謎の少女に惹かれるのもどこかで見た光景だと思ったが、すごいのはその少女の方だ、自分に一目惚れし、告白した純情な男の思いをすぐに受け入れたのに、例の教師の想いも自分に向けられていることを察知して彼から逃れようとする。逃れれば追いかけるという情熱の公式に従った造りは見慣れた筈だったが、情熱のもろさを熟知しているのが高校生の少女(レア・セドゥ)だという設定には驚かされる。そこに至って初めてこの映画が、若い男に愛の告白を受け、自らも流されそうになる情熱から身を守ろうと夫に相談し、改めて貞節を誓うという『クレーヴの奥方』にインスピレーションを得たという触れ込みが分かった。

しかし自分が観ることの出来た他の映画はどれも新鮮だった。「身をかわして」はパリ郊外で暮らす移民4世くらいの若者たちの愛と友情が、彼らが授業で練習するマリヴォーの「愛と偶然の戯れ」と重なる筋立てだった。

「アクトレス~女たちの舞台」は過去に自分が演じた劇を20年後に、別の役で演じることになった大女優(ジュリエット・ビノシュ)が、彼女を支えるマネージャ(クリステン・スチュワート)相手にリハーサルする場面が圧巻だった。

他民族国家に必然的につきまとう他宗教の共存のテーマを明るく喜劇的に扱った「ヴェルヌ家の結婚協奏曲」は、3人の娘が、ユダヤ人、アラブ人、中国人の男性と結婚し、ようやくカトリックの相手と結婚すると喜んだらコートジボワール出身の青年だったことで躊躇するが最終的にはめでたしめでたしで終わる作品でこれがフランスで大ヒットしたとうのはみなこうした理想を思い描いているのだろうか?

宗教の戒律が武力と結びついたときの悲劇を描いた「ティンブクトゥ(仮題)」は過激派が占領したことで、音楽もサッカーも禁じられた人々の生活が描かれているが、鞭打ちの刑を受け、苦痛に顔をゆがめながらも歌い続ける女性の姿と、サッカーを禁じられてもボールのないグランドで、想像力でサッカーを演じる(エアーサッカー)少年たちの姿に胸が詰まった。

どの映画も素晴らしかったが、学生たちに是非見せたいと思った作品を一本選ぶとしたら「エール!(La famille Bélier )を挙げたい。これは両親と弟がみな聾唖者である農業を営む家族の中で、自分だけが健常者である高校生の少女がふとしたきっかけで先生に、歌唱力の才能を認められ特別レッスンを受け、ラジオフランスの特別優待性のオーディションを目差すが、いままで自分が支えてきた家族を見捨てることになるのでは、と悩む話である。

この作品の素晴らしさは障害を持っていても底抜けに明るく、自身に溢れて生きている家族の姿と、「性」についてもストレートに明るく描いている点だが、何よりも主人公の少女が歌う歌が見事なのだ。さっそくYoutubeで聞いたが、映画が公開されたら是非見て欲しいと思う。

ところで「アクトレス」の上映後、この映画祭の企画に携わった坂本安美さんがトークをされたが、本当に驚くほど無駄のない的確な説明だったが、トークの終了後個人的に挨拶した。

最近亡くなられたご主人の思い出が蘇ったからだ、十数年以上前になるが静岡の大学の集中講義に招かれご一緒したとき、彼が言ったのは、自分がいいと思う映画と見せたい映画は一致すべきだということと、子供が生まれてからの生活が大変だと言うことだった。そのとき僕は二人で小津の映画のような親子の会話ができるではないか、うらやましいというようなことを言ったのだった。

坂本さんは、息子と映画の話ができるようになったのが嬉しいと顔を輝かせた。あれからもう16年も経っていたのだった。フランス映画も健在だった。(2015年7月12日。番場 寛)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中