自分の能力以上のことに挑戦する

前回のブログで紹介した、「無住庵尺八勉強会」に行ってきました。今回ハウザー先生は、甲乙(かんおつ)という曲を独奏されました。これは一昨年亡くなった人間国宝山本邦山の作曲した曲です。演奏が始まる前、ハウザー先生が、

「この曲は難しい曲です。今回は私のチャレンジです」

とおっしゃっていました。

IMG_5095

先生の言葉の通り、演奏するのがとても難しそうな曲でした。しかし、表情豊かな曲で、尺八ど素人の私が聞いても、素晴らしい曲と感じました。

私たちは何かを行う時、「これは自分には無理だ」と言って、最初からあきらめてしまうことがよくあります。だけど本当は、自分が今できることよりも難しいことだからこそ、自分の能力以上のものが発揮できるようになるのではないでしょうか。試験期間も終わり、これから春休みです。時間の余裕がある今だからこそ、何か難しいことに挑戦してみてはどうでしょうか?(2月1日:渡邊温子)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中