躍動するラルン五明仏学院

img_6209

突然ですが、これが何の写真かわかりますか?ブロック?何かの模様?いえいえ、こちらは山の斜面に建てられた、膨大な数の僧坊です。

先日大谷大学を訪問された、ケンポ・ツルティム・ロドゥー師が副学長を務められる、ラルン五明仏学院では、チベット人及び漢族が生活しながら仏教の勉強に励んでいます。

6_2011927_26

ケンポ・ジグメ・プンツォク(1933-2004)

ラルン五明仏学院は、ケンポ・ジグメ・プンツォクによって、1980年に開山されました。ラルン五明仏学院での履修科目は、顕教、密教、一般教養の3部で構成されています。顕教では、律、論理学、アビダルマ倶舎論、中観、唯識などが学ばれます。密教では、様々な前行、生起次第、究竟次第、ゾクチェンを主な科目とします。また、一般教養では言語学、医学、チベット語などが学ばれています。ケンポ・ジグメ・プンツォ師はカリスマ的な存在で、彼を慕って方々から集まった人たちが、自分たちが住んで勉強するための小屋を建てて、お寺は徐々に膨張していきました。

img_6210

お寺というか、すでに一つの街のようですね。1999年に「世界でもっとも影響力のある、チベット仏教を学ぶことのできる大きなセンターの1つ」として、ニューヨーク・タイムズ誌で紹介されました。海抜4000メートルと、標高が高く、物資や水にも恵まれない厳しい環境にも関わらず、多くの人々が仏教の教えを求めて集まっているんですね。私もいつか訪れてみたいです。

(1月25日:渡邊温子)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中