月別アーカイブ: 2017年2月

画柿

みなさん春休みをいかがお過ごしでしょうか?まとまった時間を使って、旅行に行ったり、何か新しい習い事なんかを初めてみるのもいいですね。でも、せっかく国際文化学科で学んでいるのですから、英語や中国語など、自分の専攻する国の言葉で書かれた作品を、原著で読んでみるというのはいかがでしょうか?

下に載せた詩は、アメリカの有名な自然詩人ゲーリー・スナイダー(1930-)の書いた「牧谿の柿Mu chi’i’s Persimmons」という詩を、私が日本語訳したものです。スナイダーは京都にも長く滞在した経験があり、相国寺や大徳寺で禅を学んだ人です。この詩は、曹洞宗の開祖である道元(1200-1253)が著した『正法眼蔵』に収められている、「画餅(がびょう)」のパロディーです。絵に描いた餅とは、実際には役に立たないことを表すことばですね。ですが道元はそれをひっくり返して、「絵に描いた餅でなければ、飢えを癒すことができない」と言います。これはどういうことでしょう。スナイダーの詩を読んで、その深みを味わってみてください。(2月27日:渡邊温子)

muxi-01m

牧谿〈六柿図〉京都大徳寺龍光院蔵(重要文化財)

 

牧谿の柿    ゲーリー・スナイダー

画餅にあらざれば充飢の薬なし  仁治三年壬寅十一月 道元

廊下の突き当たりの壁の上

横のガラス戸に照らされている掛軸は

牧谿の有名な「柿」の水墨画

軸棒に掛かった風鎮が動かないように安定させている

私にとって、柿の絵ならば世界一

空即是色の完璧な表現であり

市で売られるのと同様にまだ枝と茎が付いている

原画は京都の素晴らしい臨済宗の寺にあり

年に一度公開される

こちらは、便利堂の完璧な印刷で

表具屋の助言に従って表装した

私は秋ごとに掛けている

 

さて、マイクとバーバラの果樹園の

この熟しすぎた柿

手にナプキンを持ち

流しの上に屈み込んで

甘くオレンジ色のずくしを吸う

これが私の好きな食べ方

枝を持ったままで

 

あの画柿は

確かに飢えを癒す

 

〈原文はこちら↓〉

MU CH’I’S PERSIMMONS

広告