寺山修司記念館20周年特別公演 幻想市街劇「幻想市街劇 田園に死す」三沢篇を観て

寺山修司の殆どの代表作を彼の生前に観ることのできたのは幸運なことだったとつくづく実感できた三沢で過ごした8月6日だった。

寺山の生前に観ることのできなかった作品のうち市街劇を観ることができなかったことをとても残念に思っていた。普通の日常が行われている所に突然役者が劇を始めるだけでなく、その日常を送っている人まで劇の空間に引きずり込んだ当時の衝撃は想像できる。

現代においてはすでに幾つかの劇団で試みられているように、警察に届けを出し、交通の妨げにならないように、そして観客の安全を考慮して行われるもので寺山の試みたものとはかけ離れていた。今回の市街劇も予め寺山ロードなどと命名された道路を初め、設定された三沢のある区域のあちこちで演じられたものであり、何よりも地元の普通に生活している人がいるのかもしれないが目立たず、殆どが全国から駆けつけた寺山の巡礼者たちのように思えた。

早く会場についたので渡されたプログラムからどれをみようか思案していると若い大学生くらいの女性から話しかけられた。英語だった。聞くと中国人で日本語が少ししか読めないしあまりに盛りだくさんでどれを観たら良いか聞きたいという。

別の日本人が彼女たちに先に寺山修司記念館にバスで行ってから観るようにアドバイスしていたので彼女たちは観ることのできなかったオープニングが一番素晴らしかった。予め組まれたやぐらには手旗信号を送る少女が二人おり、その下の舞台で演じられるのかと思っていると巻かれた絨毯を道路に広げていきそれと共に観客は両脇に追いやられ、その絨毯の上で仮装した俳優達が台詞を言う。ストーリーは殆どなく、寺山の短歌や詩やエッセイの一節をつなげて朗読していくだけなのだが、音楽とともにそれが流されると感動がこみ上げてくる。

「亡き母の真っ赤な櫛を埋めにゆく 恐山には風吹くばかり」、「どんな鳥だって 想像力より高く飛ぶことは できないだろう」、「出会いは必然だが別れは偶然である」。短歌は言葉と言葉の結びつきの奇異さが強い力となるのだが、アフォリスムも見事だ。それらがJ.A.シーザーの日本的な情念を喚起する激しいロックとともに流されると強い情動がこみ上げてくる。どうして寺山はこんなにも美しく人の心に真っ直ぐ届く言葉を生み出せたのだろう?

あるホテルの一階で、シーザーのロックに合わせて歌う蜂谷眞美という女性には驚いた。清楚なクラシックの声楽家のような外観なのに、まるで天井桟敷の舞台で必ず歌っていたあの新高恵子そっくりの歌唱力で歌ったからだ。

前に九條京子さんから聞いた「寺山はとても寂しがり屋だった。もし寺山に一人でも兄弟がいたら寺山はいなかったであろう」という言葉が蘇る。もし誰の心にも性感帯にも似た、そこを押すとどうしようもなく感情がこみ上げてくる「心の孤独帯」とでも呼べるような孤独のツボというものがあるとしたなら、寺山はそのツボを押す言葉を知っていた。

それは誰でもが持っているがうまく名づけられず、心の奥底に潜んでいてある瞬間に不意に人を襲う。その欠落感、満たされない気持ち、せつなさを寺山は独特の言語感覚で音として人の心に響かせる。

何しろ日曜日ということもあるが普通に生活している三沢の人はいず、殆ど全てが観客なので市街劇の革命性はない筈なのだが、プログラムにはいろいろな工夫がなされていて、観客が衣装を借りるだけでなく、寺山の劇のようなメイクまでも施してもらいそのままの格好で街中を散策するためどれが俳優でどれが観客なのか分からなくなる場面もあった。

チケットを見せたときに渡されたチョークは、観客は誰でも、何でも道路に落書きするためであった。あるところで母親が見守る傍らでしっかりとした文字で書いている幼い男の子がいて思わず覗き込んだら、「人間」と書いてあり、その上にひらがなで「うらぎる」と読み仮名を書いていた。それを見て確か映画の「下妻物語」では「友達と書いてうらぎると読むんだぜ」という台詞だった筈だとつぶやいてしまったが、天使のように可愛い男の子によって書かれた残酷な真実、これも寺山の世界だと思った。

三沢から八戸に向かう列車の中で劇に出ていた俳優と同じメイクをしていた若者が数人居た。今悔やんでいるのは、なぜ彼らに聞かなかったのかということだ。天井桟敷の演出を引き継いでいる万有引力の役者の発声はどのように感じられるのか、天井桟敷の公演を観たことは筈の彼らにもどうして今の寺山は人気があるのかという質問をなぜできなかったのだろう?

渡された公演のパンフレットにはこう書かれていた。「わたしは、『答えより、質問になりたい』と寺山修司は言った!質問は世界を変える定規である。答えは停滞である。進化し続けるためにも、質問しつつけることが求められる。(2017年8月11日 番場 寛)

 

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中