作成者別アーカイブ: miushelty

影絵芸術の世界(12/23イベント告知)

12月23日(月・祝)18:00から19:30まで、大谷大学(最寄駅:地下鉄北大路駅)講堂にて、ガムラン演奏付きインドネシア影絵芝居(ワヤン)が上演されます。日本の影絵ではスクリーンに映る影だけを見ますが、インドネシアの影絵芝居は、人形をスクリーンの前に置いて演じます。観客は、動物の皮で作られた極彩色の人形と、人形がスクリーンに映し出す影の両方を楽しめるのです。ガムランの神秘的な音色に合わせて動く人形の影が、時にぐわんと巨大化し、スクリーンを飛び出して会場全体を縦横無尽に駆け巡る様は3D映画も顔負けの大迫力。正義を体現するはずの勇者から伸びる影は、魑魅魍魎の如く怪しくうごめきます。正と邪、善と悪が入り乱れる光と影の競演を是非お楽しみください!当日は、本学国際文化学科講師ダシュ・ショバ・ラニ氏の講演もございます。

ワヤン

広告

国際文化学科 新入生茶話会(5月21日 火曜日)

去る5月21日(火)、爽やかな天候に恵まれた朝、

多目的ホールにて国際文化学科新入生茶話会が催されました。

学生同士・教員と学生で親睦を深め、学科の学びに触れることを目的とした

この茶話会、まずは100名を超す同級生達のことを互いによく知る時間です。

テーブル毎に自己紹介をするうちに、少しずつ緊張がほぐれていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

お次はインタビュー・タイム。学生達は互いに相手の情報を聞き合い、

配られたアンケート用紙を埋めていきます。

隣のテーブルの人にも積極的に話しかける学生達。

どんどん仲間の輪がつながり、会場は熱気に包まれます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

インタビュー結果を書き込んだアンケート用紙は抽選券に早変わり。

世界を舞台に研究活動を行う教員達が買ってきた、各国のお土産が当たります。

お土産は、エチオピア紙幣からチベットの猫目石ビーズ、

韓国の螺鈿小箱、パリのスーパーが発売するエコバッグまで

バラエティに富んでいます。

学生達は、プレゼントにまつわる国や地域の説明を聞きながら異文化に触れ、

まだ踏まぬ地への憧れを膨らませます。

アリス① エコ①

シール①   ビーズ①

二人① 紫①

エネルギーと笑顔に溢れた新入生達に、

四年間の充実した学びを確信したひと時でした。

(2013年6月3日:三浦誉史加)