作成者別アーカイブ: FUJITA Yoshitaka

名古屋で見かけたグローバル化の実例

7月に長野県の伊那西高校に行って授業をしてきました。
名古屋まで新幹線に乗り、そこからバスで約3時間の移動ですが、バス待ちの間、名鉄バスセンターで面白い看板を見かけたので写真を撮ってきました。

名鉄バスセンターのファミリーマート

名鉄バスセンターのファミリーマート


同ファミリーマート入り口

同ファミリーマート入り口


バスのりば案内看板

バスのりば案内看板

見慣れない言語がありますね。これはいったい何語でしょうか? なぜ、この言語が名古屋のバスセンターにあるのでしょうか?

答えは……インターネットで調べてみよう!

広告

シリーズ:世界の宗教行事 第1回「世界のクリスマス」

12月16日(火)から22日(月)まで、響流館1階ギャラリーで、「シリーズ:世界の宗教行事」の第1回「世界のクリスマス」展示企画を開催しています。期間中、Big Valley Cafeでは数量限定で特別にドイツのクリスマス菓子シュトーレン&コーヒーセットを販売中ですので、ぜひ一度お試し下さい。

クリスマスの解説記事、模型やカレンダーの展示、DVD上映

クリスマスの解説記事、模型やカレンダーの展示、DVD上映

今や宗教行事であることを越えた拡がりを持つ「クリスマス」は、宗教の世俗化と世界のグローバル化を非常に分かりやすく象徴するイベントです。ヨーロッパ発祥でありながら、アメリカで世界標準のサンタクロースが生まれた経緯なども、ぜひ展示でご覧下さい。

お忙しい中、展示や広報をお手伝いして下さった先生方、どうも有り難うございました。

ショバ先生監修インドカレー

ダシュ・ショバ・ラニ先生とHAPPY COOKの加藤さん

ダシュ・ショバ・ラニ先生とHAPPY COOKの加藤さん


国際文化学科のダシュ・ショバ・ラニ先生が監修された特製インドカレーが、12月9日(火)10日(水)の両日、学内食堂にて提供されます。普段のものとはひと味違うインドカレーを、ぜひ食べてみてください!

私自身も、当日は売り切れる前にぜひ食べにいきたいと思います。

2014年ボジョレー・ヌーボーの会

慌ただしくしているうちに、今年もボジョレーの解禁日がやってきました。

告知が直前になってしまいましたが、明日21日(金)の午後5時半ごろから、藤田の個人研究室(研63)で、今年もボジョレー・ヌーボーの会を開きたいと思いますので、どなたでも、どうぞ気軽にお立ち寄りください。なお、学生の方は年齢確認のできるものを持ってきてくださいね。

Featured image

今日が解禁日だったので、いつものリカーマウンテンで買ってきましたが、円安のせいで、ただでさえ割高感のあるボジョレー・ヌーボーが一段と値上がりしており、今年はあまり人気がないようです。リカーマウンテンでも去年より仕入れの数をかなり減らしているようでした。

2013年ボジョレー・ヌーボーの会

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー2本

最初に空けたボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー2本


フランスでは毎年11月の第3木曜日はボジョレーの新酒(ボジョレー・ヌーボー)の発売解禁日となっています。世界中で、そしてもちろん日本でも11月の第3木曜日から一斉にボジョレー・ヌーボーが売り出されます。

それに合わせ、11月21日(木)の夕方から、藤田研究室にてボジョレー・ヌーボーの会を開催しました。ゼミ生の知り合いでフランス人のAntoninも来てくれました。藤田ゼミのゼミ生が2名、フランス語履修の学生が2名、あとはGLOBAL SQUARE関係の学生とOBが数名と、のべ十名以上が参加するミニ・パーティーとなりました。

フランス語だけでなく英語やドイツ語専攻の学生も来ていたこと、Antoninが英語も堪能であることから、日本語、フランス語、英語、たまにドイツ語やイタリア語も飛び交う賑やかな夕べでした。

木箱入りボジョレー・ヌーボー

ブルゴーニュの作り手として名高いドミニク・ローランの木箱入りボジョレー・ヌーボー。


ボジョレー・ヌーボーというワインは味の割に高いのですが、日本向けのボジョレー・ヌーボーは多くの日本人にとって飲みやすい、軽くてバランスの取れた作りになっているため、ワイン入門としては悪くありません。というのも、多くの日本人にとって、特に赤ワインは値段と味が比例せず、ワイン評論家が高得点をつける高価なワインは逆に濃すぎておいしくないということがあるからです。

その点、日本向けのボジョレー・ヌーボーなら、ほぼ値段と味が比例するといってよく、2~3千円も出せばそこそこおいしいワインが飲めます。もちろん、ワインを知っている人にとっては「3千円も出したら、もっと良いワインが普通に飲めるやん」という話なのですが、どれがおいしいワインか分からない初心者が買ってみるには、ちょっと高めのボジョレー・ヌーボーも手堅い選択としてアリだと思います。