カテゴリー別アーカイブ: フランス

アルノー・テプレシャン監督『あの頃 エッフェル塔の下で』(京都シネマにて)を観て

 公開されてすぐに映画館に駆けつけたのだが、観客は数人しか居ず、すぐに上映が打ち切れられてしまうのでは、と危惧したほどであったが幸い上映は今も続いている。
 
映画の原題はTrois souvenirs de ma vie(私の生涯の三つの思い出)というものだが、そのまま訳したら全然客が入らないのでこのように変えたのだろうという理由はよく分かる。それは、20年前Comment je me suis disputé…(ma vie sexelle)(「どんな風に僕は言い争ってきたか…(僕の性生活)」)という原題を『そして僕は恋をする』と訳し日本でも大ヒットしたのと同じかもしれない。
 
『そして僕は・・・』というタイトルは秀逸だと思う。主人公はつきあっていた恋人と別れるのだが、彼女が独り立ちできるよう配慮し助けてやるなどずるずるとした関係を続けながら、次々と違った性格の女性と出会い交流を重ねていくのだが、いとも簡単に性交へと移行できる感覚にあきれたものだった。
 
デプレシャンの作品は日本で公開されたものはすべて観ているが、彼自身はヒットするとかしないとかは無関心なのではないかと思えてくる程、そのテーマというより描き方は独特である。
 
『あの頃・・・』は三つの思い出のうち最初の少年時代のそれが一番悲惨である。気のおかしくなった母親から逃れ弟と妹を守り、それでいて母親が亡くなった後は父親にも十分に愛されていなかったと思っているからだ。
 映画が奇妙な展開を見せるのはすでに中年になった人類学者で外交官の主人公ポール・デダリュスが、フランスに帰国したとき空港で税関吏に差し止められる。理由は同姓同名で生年月日の同じ人間がオーストラリアにいることが判明したからだ。
 
その理由は二つ目の思い出である高校生の時に親友と当時のソビエトのベラルーシに研修に行ったときのことだ。ユダヤ人の友人はそこの同胞をイスラエルに移住できるよう支援んしており、ポールのパスポートはそのとき彼らのうちの一人を脱出させるのに役立ったことが逸話として紹介される。
 この映画の邦題が『あの頃・・・』となっていることも表しているが、映画の中心となるのは三つ目の思い出である高校生の時に出会いその後も腐れ縁のように続いていくエステルとの関係である。

高校生の時に知り合い、ポールが人類学を学ぶためにパリの大学で他人のアパートに居候したり、屋根裏部屋に住んだりして苦学を続けていた。自分独りの生活で精一杯でエールを呼び寄せることはできず、パリの宿にエールが訪れるのは映画では一回きりで、普段は200キロ離れたルーベに住むエールと手紙を毎日のように交換するだけであった。
 映画では白い紙に愛の言葉がペン先から生まれ出る瞬間が何度も映し出され、同時に音声でその言葉が読み上げられ、時には実際の二人がその手紙の言葉を口から発する様として映し出されていた。

それを観ていて浮かんだのは、J.ラカンの『アンコール』の中の有名なⅦ章「UNE LETTRE D’AMOUR(「ある恋文」もしくは「ある恋の文字」と訳される)である。
 
その章は有名な「性別化」と呼ばれる、論理式を用いΦ(ファルス、欲望を表すシニフィアンであり、去勢をも表す)との関係によって男女の性のあり方を説明した章である。
 そこには有名な「女性というものは存在しない」とか「性関係はない」とか謎めいた言葉が出ており、いまだにいろいろ解釈しつづけられている章である。
 二人離れており互いに恋しく身を切られるような想いをしているのに、驚くのはエールが寂しさからポールの友人と関係を持ってしまうだけでなく、彼女への恋心は変わらないままポールも複数の女性と関係を持ってしまうことである。彼にとっては、恋心は性行為とは無関係であるかのようであり、それは『そして僕は・・・』と同じである。
 
彼らにとって「恋」とは何よりも「言葉」であり、それをインクの染みとして刻み続けた結果としての「文字」なのだ。これをメールやラインでの言葉のやり取りが殆どと推測される現代人が見たらどう思うだろうか?
 
今は出典を忘れてしまったが、「私はあなたに何も書くことはないということを告げるために書くのです」と書いた恋文の官能性が、インクの染みとして映像に映し出されるのがこの映画の新鮮さだ。
 
デプレシャンが1992年に撮った『魂を救え!』は、ラカンが『セミネール第11巻 精神分析の四基本概念』で論じた遠く離れてある角度から見ると髑髏が浮かび上がってくる、ハンス・ホルバインの絵(「大使たち」)の解釈の影響が指摘されているが、この映画にもラカンの『アンコール』の影響があるのかどうかは分からない。

もう一つ、この映画で分からないのは、主人公ポールがパスポートを貸したことで偽造されたもう一人の人物のことである。ある人間がまったく別の人生を送る可能性を示しているのだろうか? その場合、それと「インクの染み」としての「恋の言葉」はその人が他の誰でもないという証になるのだろうか? 2004年の『キングス&クイーン』も父親の残した原稿に対する厳しい批判が娘と父親との愛憎を表していた。
 
デプレシャンのこの『あの頃エッフェル塔の下で』の謎はラカンの謎によって倍加され今も考え続けされられている。
(2016年2月28日。番場 寛)

「気づく」ということ

12月21日(月)に響流館3階のメディアホールで「カントルと能」の講演会が行われました。番場寛先生の「タデウシュ・カントルの劇作品における『反復』と『死の表象』」については、番場先生ご自身のコメントを待つことにしまして、今回は河村晴久先生の「能における『死の表象』」についてのレポートをしたいと思います。

能というのは、もともとストーリー性がなく儀式的なものだったそうです。

DSC04209

この写真は翁面というそうですが、これが神そのものを表し、このお面をつけて語られた言葉は、神の言葉として、人々に受け入れられていたそうです。能は、神と人とをつなぐ踊りなんですね。でもどんな劇であっても、やっぱり面白くないと私たちは「見たい!」って思いませんよね。現代のシルクドソレイユだって、面白いからこそ、私たちは見たいと思うわけですし。そこで、有名な観阿弥、世阿弥さんたちの登場です。本来儀式的だった能にストーリー性を付け、能をアトラクションにしちゃったんですね。

河村先生のお話の中で、一番印象に残ったののは、「舞う度に発見があります」という言葉です。能とは「型」の繰り返しで、その中でいかに無駄な動きをそぎ落とすかが重要だそうです。同じレパートリーを何度も演じることもありますよね。でも、そんな中でさえ、「発見」があるとおっしゃるんです。

DSC04214

河村先生が『源氏物語』の御息所を演じら、劇中で衣を落とす場面を演じられた時のことです。その時、河村先生は衣を落とすことで、「心の内面や葛藤を全てさらけ出したような恥ずかしさ」を発見されたそうです。河村先生はそれまでも何度も御息所を演じられていたでしょうが、その時初めて「恥ずかしさ」を感じられたんですよね。それまではきっと、御息所にシンクロしきれるだけ要因が先生の心にたまっていなかったのではないでしょうか。それが初めて、先生ご自身の心が変化したことによって、初めて「発見」された、と。

私たちは日々の生活を、一見ただの繰り返しのように感じてしまうことがあります。しかし、そんな繰り返しの中でさえ、内面の成長とともに、新しい発見が生まれる可能性が含まれているんですね。もちろん、それはのらりくらり何も考えずに過ごしていては、そんな「発見」を見過ごしてしまいます。「発見」とは、外の世界が変化するのではなく、内の心が変化することによって、あたりまえにあったものの新しい側面に「気づく」ということなんだなと、河村先生の講演を聞いて思いました。

nou

また、能の実演も見せていただきましたが、どうやったらあんな風にすーっと動けるのでしょう??一つ一つの動作も無駄がなく、とても綺麗だと感じました。これまでが繰り返しの練習が、その演技一つに集約されているんですね。

DSC04219

講演会を聞いて、能を実際に見に行きたくなりました。(12月23日:渡邊温子)

追加です。

これをお読みになった河村晴久先生から、以下の補足説明がありました。

「鎌倉時代に翁面を使った祝福芸の翁猿楽が盛んに行われるようになりました。古代の散楽からの名前を受け継ぐ猿楽の演技集団は、ストーリー性を持った劇としての猿楽と、祝福芸の翁猿楽の両方を演じて庶民に受け入れられていましたが、観阿弥、世阿弥親子が音楽的にも内容的にも改革を行い、人気者となりました。その結果京の都に進出し、足利義満と出会い、当時の文化人に愛される、より芸術的で面白い能になりました」

考えて考え抜く

フランスゼミでは12月1日と8日に卒業論文についての中間発表会が行われました。卒業論文の提出日まであと一ヶ月ほどとなりました。どのゼミも4回生のみなさんは、卒論作成の最後の追い込みに入っていることと思います。

DSC04119

ゼミの最後に、番場先生が、

「すっきり答えが出ない方が実は面白いんだよね。考えて考え抜いてください」

とコメントされていた言葉が、とても心に残りました。私たちの生活、人生の中で、すっきり答えが出るようなことって、実はほとんどないんじゃないかなと思います。

論文を書くことは困難ですが、だからこそ面白いですね。みなさん、どうぞ考え抜いてください!

(渡邊温子:12月9日)

「OO妻」(日本テレビ、水曜)は「鶴の恩返し」なのだろうか―第一回のみを観て妄想が膨らむ―

NHKの朝ドラマは「マッサン」は俳優は良いのにもう展開が見えてしまって、見続けることができない。 国産ウイスキー第一号が完成するまで失敗し続けるのを毎朝見ることになるからだ。他にも自分にとって面白いドラマはないと思っていた。

そんなとき、フランス人との交流会から帰って偶然つけたテレビのドラマに惹きつけられた。30分くらいしか観ることはできなかったが、最近自分の経験したことと相まってたちまち感情移入してしまった。

正義感にあふれたニュースキャスターの主人公、久保田正純(正しく純粋であるという、そのままの名前だ)の妻ひかり(これも前作の「家政婦のミタ」の名前、「あかり」を引き継いでいる)はこの世に存在しないほどの理想の妻だが、二人は結婚してはいず、3年ごとの契約を結んだ上で一緒に生活している。

つねに夫を助けるだけでなく、正純の父親が入院してしまったことで軽い認知症のようになった母親の面倒をみるのを兄妹間でおしつけ会っているのを見た、ひかりは、土下座してその母親の面倒を見たいと頼むほどの優しさも持っている。

「言葉によって現実を変えられるし、そうすべきだ」と素朴に信じている夫、正純を、殆ど従順だが、自分の強い意志をもって支えている。第一回では正純が自分の番組に出演を頼んでも拒絶していた作家を、粘り強く追跡することで彼の弱みとなる写真を撮ることで、彼を脅し、番組に出させることに成功するが、正純が正式に結婚し、子供を持ちたいと申し出ると3年前の契約書を守るよう頼むばかりだ。

「なぜ子どもを産むことができないのだ」と夫が迫った時、いつも穏やかで微笑みを浮かべていたひかりの口元がわずかに動き、その理由を述べようとするがそれはできないと自分を抑える場面に胸を打たれた。夫を愛していることは間違いないのだが、あまりにも多くの語ってはいけないことがあることを、無言の微笑みだけで表現するひかり役の芝崎コウの演技というか演出は本当にすばらしい。このドラマはニュースキャスターを主人公に据えたことでも分かるように、「言葉にできること」と「言葉で表しえないこと」との対立で成り立つドラマだと思う。

では、なぜ子どもを産むことを拒否しているのだろうかと考えたとき、ふと頭に浮かんだのはまったくの妄想だが、ひかりは「鶴の恩返し」の鶴ではないだろうかということだ。

いくつも異なった筋書きのあるこの昔話のあるものは、鶴は助けてもらった男と結婚し、毎晩機を織るがその姿を決して見てはいけないと夫に言う。しかし童話や昔話の定石通り、「禁止」は破られ、「罰」として鶴は夫のもとから飛び立っていく。鶴は自分の体の一部である羽をむしりとりそれで機を織っていたのだった。

ひょっとして、ひかりは正純にかつて助けられた動物か、飼われていたペットの分身なのではないか? そう思うと、正純が会社で新しくアシスタントとして紹介された風谷愛という若い女性が、「覚えていらっしゃらないでしょうが、前にお会いしたことがあります」というのも、別の動物かペットの生まれ変わりかと思いたくなってしまう。

契約という結びつき耐えられなくなり、激怒した夫のもとをひかりが去るところで今回は終わっているが何にぼくは感動したのだろう?

それは愛する相手が求めていることを語ることができず、自分の胸に秘めておかなくてはいけない苦しさだ。ちょうどこの番組を見た日、フランス人に、11日にパリで行われたレピュブリック広場での二百万人も大行進に対する見方についてある日本人の指摘を伝えようとするのだが、うまく表現できないもどかしさ、悔しさを感じた日にこのドラマを観たせいかもしれない。 それはひかりのように何かを禁じられていたのではなく、単にぼくのフランス語の力の不十分さによるものだったが、想いを伝えられない辛さという点では共通しているだろう。

ところで今年提出されたぼくのゼミのクラスの卒業論文の中に「フランスと日本の結婚から見た結婚の本質」というものがある、これは、正式な「結婚」以外にも、同棲や事実婚やパクス(民事連帯契約)などさまざまなカップルの形態があり、昨年同性同士の結婚も認められたフランスと日本の結婚を比較し、結婚の本質に迫ろうとするものだ。

これほど多様な形態があり、制度的、経済的にも正式な結婚と殆ど同じ保障が受けられるフランスにおいてなぜ結婚がなくならないと思うのかという僕の質問に対する彼女の答えはとてもシンプルなもので、「なぜなら結婚はあらゆる結びつきの中で最も強い結びつきだからです」というものだった。

「OO妻」もパクスも「契約」で結ばれているという点で弱い結びつきだとしたなら、「結婚」という結びつきの強さにすがるカップルの結びつきもひょっとしてそれほど強いものではないのかもしれないと思ってしまう。

このドラマが「鶴の恩返し」と同じように進行するかどうかは別にして久しぶりに面白いドラマが始まったことを喜びたい。(2015年1月15日。番場 寛)

2014年ボジョレー・ヌーボーの会

慌ただしくしているうちに、今年もボジョレーの解禁日がやってきました。

告知が直前になってしまいましたが、明日21日(金)の午後5時半ごろから、藤田の個人研究室(研63)で、今年もボジョレー・ヌーボーの会を開きたいと思いますので、どなたでも、どうぞ気軽にお立ち寄りください。なお、学生の方は年齢確認のできるものを持ってきてくださいね。

Featured image

今日が解禁日だったので、いつものリカーマウンテンで買ってきましたが、円安のせいで、ただでさえ割高感のあるボジョレー・ヌーボーが一段と値上がりしており、今年はあまり人気がないようです。リカーマウンテンでも去年より仕入れの数をかなり減らしているようでした。

世界の食文化イベント「ワインと日本酒」開催しました

2014.06.26.ワインと日本酒012014年6月26日(木)

国際文化学科主催

世界の食文化イベント

ワインと日本酒

を開催いたしました。

 

2014.06.26.ワインと日本酒02

 

 

第1部 講座1205教室16:40~18:00では、

まず、ウェブサイト”Wine-Searcher”ワインスペシャリストのアントナン・ポロニさんに、

ワインの歴史、ブドウ栽培からワイン製造にいたる過程、美味しいワインの味わい方などをレクチャーしていただきました。

 

2014.06.26.ワインと日本酒03

その次に、中森一郎先生に、

日本酒が日本の食文化の重要な一部を成していること、日本酒の味と香りについて、種類や製法、ラベルの読み方から楽しみ方まで、幅広い内容についてご講演いただきました。

 

2014.06.26.ワインと日本酒04第2部 試飲会 Big Valley Café 18:10~19:00

では、中森先生、ポロニーさん、それぞれがお選びになったとっておきの日本酒とワインを皆(ただし二十歳以上に限定)で試飲いたしました。

どれも大変に美味でした!!

試飲会はいつか宴会の場に変わりつつ、

長い夜が更けていきました(と聞いております)。

 

講座、試飲会ともにたくさんのご来場がありました。

日本酒とワインの奥深さ、そしてそれぞれの国の食文化の豊かさを感じとれる

貴重な機会になったことと思います。

2014.06.26.ワインと日本酒05

2014.06.26.ワインと日本酒06

 

 

(2014年7月7日:助教足立和彦)

「ワインと日本酒」講座と試飲会のお知らせ

2014.06.26.ワインと日本酒ポスター国際文化学科 主催

世界の食文化

ワインと日本酒

日時:2014年6月26日(木)

第1部 講座:1205教室 16:40~18:00

第2部 試飲会:Big Valley Café 18:10~19:00

(第2部は二十歳未満の方は参加できません)

講師:

中森一郎(本学教授)

アントナン・ポロニ(Web Site “Wine Searcher” ワイン・スペャリスト)

ワインと日本酒は、ともに長い年月をかけて洗練されてきた醸造酒です。

食文化を豊かに彩るワインと日本酒の魅力を探ってみましょう。

参加費無料です。

学生の皆さんのご参加をお待ちしています!!!

(画像をクリックすると拡大して表示します)