Preston L. Houser 教授

Preston L. Houser, Professor

Houser教授
I was born in Salina, Kansas, in 1952.  My family moved to Alaska and then to California in 1955.  I lived in California from 1955 to 1973.  I attended California State University, Sonoma, majoring in English literature, and received my BA in 1975.  I continued my studies in English literature, with a special focus on Early Modern writers (William Shakespeare, Christopher Marlowe, John Milton, etc.), eventually earned an MA from San Francisco State University and later a Ph.D. from Indiana University of Pennsylvania.  My doctoral dissertation was titled “Finding Beauty: The Articulation of Revolt in the Plays of Christopher Marlowe,” in which I examined the modes of subversive discourse that were evolving during the late sixteenth century.  My interests also include post-modern literature, in particular Thomas Pynchon, Don DeLillo, and Cormac McCarthy amongst others, as well as writers of the so-called Beat Generation.  I came to Japan in 1981 to pursue my interests in Asian culture, language, and music (which, perhaps surprisingly, I do not find incongruous with the study of Shakespeare).

1952年カンザス州サリーナに生まれ、家族でアラスカ、その後カリフォルニアへと移住しました。1955年から1973年までカリフォルニアに移住、カリフォルニア州立大学ソノマ校で英文学を専攻、1975年学士号を取得。その後も近世の作家(ウィリアム・シェイクスピア、クリストファー・マーロウ、ジョン・ミルトンなど)を中心に英文学の研究を続け、サンフランシスコ州立大学で修士号、ペンシルべニア州立インディアナ大学で博士号を取得しました。 “Finding Beauty: The Articulation of Revolt in the Plays of Christopher Marlowe”と題した博士論文では、16世紀末に展開されていた反体制の言葉の形態を検証しました。また、ポスト・モダンの文学、特にトマス・ピンチョン、ドン・デリーロ、コーマック・マッカーシーら、それからいわゆるビート・ジェネレーションと呼ばれる作家たちにも興味があります。アジアの文化や言葉、音楽(おそらく意外に思われるでしょうが、私にとってはシェイクスピアの研究に通じるものがあるのです)に関心があり、1981年に来日しました。

私と音楽についてはこちらのリンクを。

Kyoto Meditations

 

 

教員紹介に戻る

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中